データの整理

Person

いちいホームで働く人たち

IMG_4439.jpg

#04

大工/2015年入社

小板橋 洸徳

Hironari Koitabashi

お客様の一生で一番の買い物である家を、ベストな技量と最高の心意気でつくります

Q1.いちいホームに入社した理由を教えてください。

小さい頃からものを作ることが好きで、職人の世界に憧れがありました。知人から「いちいホームは社員大工がいて、教育もしっかりしているからおすすめ」と紹介してもらったのが入社のきっかけです。面接に訪れた時の社長の優しい笑顔が印象できで、雰囲気もすごくよかったので、すぐに入社を決めました。いちいホームのスタッフは、腕がよく、細部までこだわって仕事をしています。また人としても尊敬できる人たちばかりです。いちいホームは「温もりを愉しむ、ていねいな家づくり」をコンセプトに掲げています。この家に住まうお客様を想像しながら一棟一棟ていねいに施工させていただいています。スタッフ全員がコンセプトの通りに、ていねいに家づくりをしているので、プロとして気を抜けない環境にあります。そのため、日々職人として成長していることを実感できますね。

Q2.仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

多くの方は家を建てるのは、一生に一回だと思います。家はそれだけ人生で大きな買い物です。大切な買い物の選択肢としていちいホームを選んでくれたことを嬉しく思うとともに、責任感を持つことを大切にしています。私は「平和と幸せな家庭は家から始まる」と考えています。平和と幸せな家庭が生み出される家を完璧な技量と心意気を持ってつくり出しています。家を建てることは、もの凄くワクワクする反面、不安なことがたくさんあると思います。お客様のワクワクする気持ちに応えて、不安を解消できるように、日頃からのしっかりとした施工と不具合につながらないていねいな仕事を心がけています。 まだまだ大工としては未熟ですが、もお客様に満足していただけるものを提供していきたいです。

Q3.今後の目標を教えてください。

もっと幅広い知識と経験を積んで、スピードも技術もレベルアップしていきたいと考えています。また、木造や大工仕事だけでなく、他業種の方たちからも知識を学び、色々な観点からよりよい家づくりができるようになりたいです。いちいホームは、お客様がよく現場に足を運んでくれます。できあがっていく家を見て、笑顔になっている姿を見て「自分たちはこの人たちの幸せのために家をつくっているんだ」と実感できます。いちいホームは、自分の技術を活かしたものを造ることができ、腕のいい職人仲間に囲まれ切磋琢磨できるところが魅力です。設計、現場監督、大工など様々な家づくりのプロ同士がお互いに知識や技術を高め合い、努力のの結晶として、素敵な家ができることがいちいホームの最大の魅力です。いちいホームの素敵な家を一緒につくる仲間が増えてくれると嬉しいです。

Other Person

杉田 勝

設計・インテリア担当/2008年入社

齋藤 杏梅

設計アシスタント・事務/2019年入社

飯野 稔希

大工/2014年入社

小板橋 洸徳

大工/2015年入社

家づくりへのこだわりを持った
「建築人」を求めています。